RG シャア専用ズゴックを作り始めました(製作記その1)

スポンサーリンク



RG シャア専用ズゴックを
つくりはじめましたよっと!
短期集中で完成させたいと考えているんだけど
はたして完成させることができるのだろうか??

 

スポンサーリンク

0161071d56eb98567cb5afd10c348c0af382799d28.jpg

とりまゲート処理、
400番の表面処理を行いながら仮組み完了ー!
エッジは丸みを持たせる方向でいってますw

僕は、組むのを優先してゲート処理を後回しにすると
「うわー今からバラして表面処理かー、だりーなー」
みたいなプラモ作りたいんだか作りたくないんだかワケわからん
心境になってしまいがちなんだけど
表面処理しながら仮組みすると
「一つ一つのパーツを丁寧に処理していくんじゃ、ワシは職人なんじゃあ」
みたいな心境になりがちなので
僕はこの方法で作ることが殆どですw

たぶんこの辺は、人それぞれの好みとか
相性があるんだと思うです

そういえばこのRGズゴック、
ヒジを曲げるときにパーツ同士が干渉している所があったなー
そのままでは塗装が間違いなく
剥がれてしまうので削っておきました

色をどうするか考えていたんだけど
今回は久し振りにエアブラシでコテコテの
塗装をしてみようかなー

僕はガンプラを始めるとき
1作目に選んだキットがガンダム、
そして2作目に選んだキットが
シャア専用ズゴックであるくらい(←どれくらい?)
ズゴックに思い入れがあるワケですが
この時は塗りたい色のイメージを
「シャンパンに浮かぶワインゼリー!
どうだこのコンセプト!こりゃオサレーだぜー!」
と決めて意気揚々と制作を開始したんですが
筆でパール塗装を試みようとするほど(←不可能です)
当時の僕は知識も機材も持ち合わせておらず・・・
当然、そんなので塗装が上手くいくはずもなく
筆ムラだらけの見るに忍びないズゴックが
できたのでありました・・・

 

 

PAP_0075.jpg

↑見るに忍びない二作目MGシャア専用ズゴックさん

この直後、僕は
「これではだめだ!これではおれが思い描いた色は再現できん!!
エアブラシを買う!!!」
とエアブラシ購入を決意したので
(そして、その選択は大正解だったので)
まぁ良かったといえば良かったのかな?
とにかく因縁浅からぬ
シャア専用ズゴック!
今度こそ、コッテコテに塗装してやるぜぁ!
(でも、コテコテは写真に写せないんだよなー・・・)

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます