Ma.K. マシーネンクリーガー「スネークアイ」制作記&ギャラリー

スポンサーリンク



IMG_0538.jpg

wave 1/20 Ma.K. マシーネンクリーガー「スネークアイ」です

このスネークアイというのはガンプラではなく
マシーネンクリーガー、略してMa.K.と書きますが、
横山宏先生が手掛けられているSF3Dモデルのことです
実物やアニメやマンガをキットにしたのではなく、
プラモデルにするために原型がつくられた、といえばいいのかな?
プラモデルのためのプラモデルなんです
だから1/20スケールなんですけど、そもそも原型が1/20だから
このキットは本当は1/1なんです!って意味わかります?(笑)

だからマシーネンは作りやすいし
作ってて楽しい!
しかもカッコいいの!!
それに横山宏先生の模型に対するアプローチに
ぼくは目からウロコ状態になりました

ぼくはなんか少しプラモデルに疲れたんですね
プラモ初めてから半年間、
ずっと突っ走ってきたんですけど
この時期は寒くなってきたこともあって
制作時間が減ってきて、本とか見る時間が増えました
その頃に出会ったのがマシーネンクリーガーです

まず平田ガンスという動画を見たのが先だったと思うんですけど
その制作の姿勢に肩の力が抜けたというか、
すごく楽しそうに作っているなぁ、という印象を受けました
それで横山宏先生のモデリングブックを買ったんですけど
もうね、「そんなのでいいんだ!?」ということがいっぱい書いてある!

やばい、脱線してる(笑)
続きは、いずれ別の記事にしますw
とにかく僕はプラモデルの入り口はガンプラですけど、
最近ではマシーネンクリーガーにハマってます

スポンサーリンク

IMG_0420.jpg

まず素組み状態ですね
グレー部分はヒケ処理のパテですね
ていうか、黒い瞬間接着剤です
600番で仕上げてあります
ん?いや、これ素組みじゃないな?
腰をツメて、足首もツメてます
そのほうがカッコいいと本に書いてありましたから
そういう工作をしてますね
あと足首の中に鉛板をいれてあります
少しでも安定性を良くしたいんでね、重りですね
あとポリ部分のパーティングラインは
リューターでこすったあと、
コンパウンドをつけた綿棒で磨いてます
ここ完成後はほとんど見えないんですけどね(笑)

IMG_0426.jpg

これはサーフェイサー500という溶きパテで
各部にパテでテクスチャーをつけた状態ですね
竹串とかでチョイチョイこすりつけてます
全身を鋳造(ちゅうぞう)表現するなら指を使いますが
今回はこんな感じにしたかったんです
ここから下地としてマホガニーを薄く塗っていきます
まさに色を塗る直前ですね、塗る気マンマンです(笑)
組むのも楽しいけど、またここからが楽しいんだよねー!!

IMG_0428.jpg

下地のマホガニーを塗り終えた状態
もうね、この段階でカッコいいんですけど!?

IMG_0460.jpg

下塗りのグリーンFS34102
マホガニーと混ざっていい感じの色だぜ!
記録によるとジャーマングレーも混ぜてあるみたいだ
これで完成でもいいぜー!

IMG_0467.jpg

迷彩下塗り、RLM02グレー
ぼくこの色好きなんだよねー
これが本塗装でもいいくらいカッコいいな!

IMG_0491.jpg

今回は箱絵と同じ感じにしたかったの
箱絵はもっと明度が高いグリーンなので明度を上げた、
んーなんかいまいち?です
さっきの方がカッコいいんだけど!?

IMG_0492.jpg

白を塗る
白といっても真っ白じゃないよ?
アンチフラッシュホワイトです
んーなんかイマイチだな、
さっきのカッコよさは一体どこへ!?(2回目)

IMG_0494.jpg

さらに迷彩を整えた
なんかキターって感じになってないんだけど
とりまデカールはってみるか。。。

IMG_0504.jpg

デカール貼って、さらにその上から手書きしたら
かっこよくなった!!キタ!きました!
Aと目と口とファイヤーパターンと目玉マークを
筆で塗りなおしたんです
この時点で俄然、愛着が湧いた!

IMG_0506.jpg

薄いエナメルブラウンでフィルタリング
写真じゃ、あんまわからないですね
ちなみにエナメルは、ぼくはいつも
100均のジッポライターオイルで希釈してます
これは川口名人が紹介されていた方法で、
乾燥が早いのでプラを侵しにくいとのこと
ちなみにコンビニで売っているのは原料が違うらしいんで
使うなら「内容物:石油精製ナフサ」というのを買ってくださいね

IMG_0508.jpg

ドライブラシでエッジ周辺に色をのせてました
レーザーガンの部分が分かりやすいですね

IMG_0513.jpg

塗装のはがれ表現としてチッピング
僕はチッピングも苦手で、まだあんまり上手くない(笑)
上手な人の作品を見るとね、
カッコイイー!ってなりますよー!

IMG_0515.jpg

あ、なんかいきなり完成してる(笑)
スプリングはキット付属のポリではなく
金属?パーツを使ってます
配線も針金つかってますね
ハンズで買った「自由自在」という針金が使い勝手がいいですね
あとコピックで汚れ表現とかラインを強調したりしてます
あと、 合い間、合い間にツヤ消しクリアー吹いてますよ
それから今回、はじめてフィギュアの塗装に挑戦しました
なんか眉毛が濃いね、男前だ(笑)

IMG_0517.jpg

いやーマシーネンはカッコいいですねー
ちなみに左側のがアーケロン、右のがファイアボールです
どちらもまだ未完成です
いずれ手を加えようと待機中でありますw

ちなみにマシーネンクリーガーって発売されてもすぐに売り切れて
在庫がなくなってプレミア価格になっちゃうから
発売されたらすぐに買っとかないとあとで困ります、
ということを知らなかったんです
スネークアイは最近再販されたんで、
在庫があるうちに3個買いました
同じキットを何個も作りたくなるって、
ガンプラではあんまりないですね
そんだけマシーネンは楽しいってことですね!

ではギャラリーです

 

スポンサーリンク

 

IMG_0538.jpg

なんとーっ!!!!マシーネンクリーガーの原作者であり、
ぼくが模型の神様とリスペクトしている横山宏先生から、
直々に作品に対するコメントを頂けたんですよーっ!!!!!!
信じられない、夢みたい!!
もう、見た瞬間に叫んで喉が少し枯れたよー!
めっちゃ嬉しかったです!!

横山宏先生「各部の塗装に工夫があって、わし、対抗してもう一個作りたくなったよ。って変っすか?」

変じゃないっすー!!最高の褒め言葉っすー!!!!!
みたいなテンションでお返事しました
先生、引かれてなかったらいいんですけどね。。。

DSCN1622.jpg
DSCN1623.jpg
DSCN1624.jpg
DSCN1625.jpg
DSCN1626.jpg
DSCN1627.jpg
DSCN1628.jpg
DSCN1629.jpg

最後にスネークアイのキットについて
ニッパーさえあれば組める接着剤不要のスナップフィットです
でも合わせ目は出るので、まだやったことない方は
この機会に挑戦したらいいですよ!
合わせ目消しの方法は紹介してますから
必要アイテムをそろえてチャレンジチャレンジ!

あと足首にパイピングするなら
精密ピンバイスも欲しいです
とりあえず0.7ミリでいいかな
まぁ塗装したあとでもパイピングはできるんで、
まずはキットを組んで
塗装を楽しむのがいいですね!
あとキットと合わせて「Ma.K.モデリングブック」も買いましょう
お薦め本のナンバーワンです、ゼッタイ損はさせませんよ!?

スポンサーリンク

こんな記事も読まれてます